Profile

高校卒業後、世界放浪の旅の末にスペインにたどり着き、19歳よりスペインに10年間住む。23歳の時フラメンコにアラブ音楽のエッセンスを加えたバンド「アル・ガルナティ」をスペインにて結成。ライブ活動を開始する。

その後、キューバ、イタリア、スペインのミュージシャンと共に「カルテット・ナガオ」を結成しスペインやポルトガルの音楽フェスティバル、クラブサーキットでの演奏活動を続ける傍ら、アルゼンチンタンゴのギターソロで第5回国際タンゴ・サミット(2000年)に出演。2001年夏には中米4カ国を巡るコンサートツアーを行うなど、活動は多岐におよぶ。

2004年末にスペインにて初アルバム「ガルナタ」を録音。翌年日本での発売とともに帰国し、活動の拠点を東京に移す。

現在は全国での演奏活動、レコーディングの他、ワールドミュージック&ダンスイベント「Nomad Club」を主催し、日本におけるワールド・ルーツ音楽シーンの活性化に尽力。また一方で、日本の伝統楽器、篠笛、和太鼓、三味線の演奏家とのセッションを通してアジア発信の音楽の形を追究している。

活動略歴

1975年
日本屈指のジャズビッグバンド「ブルーコーツ」の初代バンドマスター 長尾正士の孫として生まれる。

1994年
高校卒業と同時に世界放浪の旅に出、タイでキックボクシングのプロデビューをするなどした後、スペインにたどり着き現地のギタリストたちからフラメンコギターの手ほどきを受ける。

1998年
スペインにて自身のバンド「AL-GARNATI」を結成し、クラブサーキットでのライブ活動を開始。

2000年
アルゼンチンにて第5回国際タンゴサミットに東京代表として出演。

2001年
ポルトガルにてオリエンタル財団主催民族音楽フェスティバルに出演。

同年8月
キューバ、ホンジュラス、エル・サルバドル、ベネズエラにてツアー実施。

2002年
篠笛奏者・鯉沼廣行のアルバム「奏」の録音に参加。これを機に日本  伝統音楽へのアプローチを開始。

2004年
スペインにて初のリーダーアルバム「ガルナタ」を録音。

2005年
「ガルナタ」の発売とともに帰国。国内ツアーを開始。

2006年
フラメンコ、ベリーダンス、インド音楽といったワールド系アーティストをフィーチャーしたジプシー系ダンス&音楽イベント「Nomad Club(放浪者たちの宴)」を主催。イベントの同名オムニバスCDのプロデュースを手掛け、日本の新たな音楽シーン誕生を仕掛けている。